【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

品質管理

住まいが完成するまでには、数多くの人との関わり合いや知識・経験・技術が存在します。住まいを「カタチづくる」までには、ひとつひとつの仕事を高いクオリティーで完結させなければなりません。その為には、レベルの高い品質管理が求められます。無垢スタイルは、職人たちとひとつの"プロジェクトチーム"となり、一棟一棟丹精こめて創りあげていきます。その中で、常に施工マニュアルをより良いものにしていくのです。これでもか、これでもかと、日々進化していくからこそ基本性能やクオリティーを向上させる事が出来るのです。

家づくりを支えるのは職人

家づくりを支えるのは職人

家というひとつの「カタチ」を創り上げるためには、多くの職人たちの知識と技が結集されています。そのひとつひとつの緻密な行程を、高いクオリティーで品質管理していきます。

「無垢スタイル共栄会」

「無垢スタイル協栄会」

職人たちが自発的に集まる「無垢スタイル共栄会」では、どうすればお客さんに喜んでいただけるのか。どうすれば品質を向上させ、コストダウンできるのか。どうすればより安全な現場となるのか。どうすればより清潔な現場となるのか。など、職人達やパートナー企業でグループになり議論したり、明確な品質方針を掲げることで、さらなるレベル改善・向上につながっています。

第三者による検査

第三者による検査

平成21年10月1日から新築住宅の引き渡しに、資力確保措置(保険の加入または保証金の供託)と、それに伴う第三者機関による検査が事業者に義務付けられました。万が一建物に重大な欠陥が見つかってしまって補修や建て替えが必要になった場合に、販売した事業者が建て替え不可能だった場合や倒産して事業者が不在の場合でも、必要な費用を購入者が負担するような事態にはなりません。
無垢スタイルでは義務付けされる以前から、検査機関による適性検査(基礎配筋検査・構造検査)を行っています。お客様がより安心して住宅を取得できる万全の環境を常に整えておりますのでご安心ください。

品質管理 220項目による社内検査

品質管理 220項目による社内検査

無垢スタイルには、第三者の検査以外に、約220項目にもおよぶ社内の品質チェックリストがあります。現場監督や現場スタッフが工程が進むたびにチェックし、常に安全で正確な作業が行われるように品質の安定を図っています。

現場清掃 各現場には、大型掃除機

現場清掃 一日 3回 各現場には、大型掃除機

現場の安全のため、掃除・挨拶はかかせません。
工事に取りかかる前に、近隣の方への挨拶を徹底しています。現場責任者が近隣の方に工事内容のご説明に伺いますのでご安心下さい。また、現場での清掃も徹底し、いつでも綺麗な現場を心がけています。
また、お客様の家ひとつひとつを大切にという意識のもと、現場マナーの徹底を行っています。

テクニカル部について

テクニカル部について

無垢スタイルの品質管理部にはテクニカルスタッフ(多能工)が在籍しています。「普段気になるけど、自分で修理するのはちょっと・・・でも大工さんにお願いする程でもないし・・・」こんな時は迷わずお電話下さい。無垢スタイルのテクニカルスタッフが、エアコンクリーニングから棚の造作、ウッドデッキの塗装までお手伝いいたします。

社員教育カレッジシステム

社員教育カレッジシステム

無垢スタイルでは新人研修等の社内研修をはじめ、建築にかかわる研修や挨拶・マナー研修などの社外研修の社員教育カレッジが整っています。社員ひとりひとりの能力や成長に合わせてスケジュールを組み、知識向上・能力向上に努めます。

自社ネットワークシステム

家づくりを支えるのは職人

無垢スタイルグループでは、全社員に一人一台ずつパソコンを配備し、全店ネットワークで情報共有をしています。
セキュリティーを備えた独自のネットワーク機能で、お客様の工事管理や工事後のアフターフォローまで迅速・確実に対応できるように情報を管理しています。

また、工事中のお客様の多くは、現場の進行状況が気になると思います。無垢スタイルでは工事進捗情報を、写真と現場監督のレポートで随時ご報告します。